本庄市 I様邸

「暮らしに合わせたシンプル&ナチュラルな家」

ご夫婦と元気なお子さん3人が暮らす、5人家族のお住まい。

使いやすく、シンプルに…をコンセプトに、収納や、間取り、動線などを考えられたお住まいになっています。

建築地:本庄市  1F:62.52㎡(18.9坪)2F:60.56㎡(18.3坪) TOTAL:123.08㎡(37.2坪)

こだわったところは?

家づくりの感想

家とは?

家づくりのアドバイス

Q.お住まいでこだわったところはどこですか?

 

奥さま

子ども達が大きくなってきて、今住んでる所が狭くなってきて。広い空間というかゆっくりくつろげる場所が欲しかったっていうのがあるんですけど。やっぱり仕事から帰ってきても今の借家ではそういうスペースがないので。

 

ご主人

子ども達の物が通路に散乱してる状況なんで、スペースが広ければその分は散らかっても、歩くスペースはあるのかなって。

 

奥さま

間取りとかも基本的にこの形を作ってくれたのが義理のお兄さんで、義兄夫婦宅のこうだったら良かったねっていうのを活かして考えてくれた間取りだったので。

 

ご主人

こだわったのは玄関と土間側、普通だったら入ってすぐの空間だと下駄箱があって終わりなんですけど、シューズクロークがあることによって自分たちが使うスペースで散らかしても、奥まった所に靴とか置けるので。お客さんが来た時にすっきりした状態で使えるって言うのがテーマだったんで。あとは階段に通じる所に扉もつけることで空調とか暖かい熱が上に行かないようにできるかなって。

 

Q.家づくりを振り返っての感想を教えてください。

 

奥さま

事務所に来て子どもたちがさんざん世話になって…感謝だよね(笑)打ち合わせに義兄夫婦に来てもらったりとか、

あんまり知識とかない所で、知識のある義兄夫婦が側にいてくれたのでそれで頼っちゃって。

 

ご主人

打合せも結構ポンポン進んだよね。

 

奥さま

そうだね、大変じゃなかったです。

 

ご主人

間取りも、もうベースができてたんで、このベースがもうある上での話が進んでったので。

 

奥さま

いいんじゃない?っていう感じで(笑)一度私の姉がここで作ってもらってるからっていうので。色々希望とかイメージとかも分かってもらえるっていう話で、じゃあまた前担当してもらった設計士さんの所にお世話になろうかっていう感じで。

 

Q. I様にとって、「家」とはどんなものですか?

 

ご主人

落ち着ける場所、くつろげる場所。なんでしょうね。今住んでる借家の状態が帰ってくるとちょっとイラッとする(笑)

 

奥さま

そういう広さ的なものといい、生活の動線というか、しょうがない部分があるんですけど、子どもたちも大きくなってきちゃってるっていうのもあって、今はくつろげてない状況なのかなって。それがくつろげる場所になればいいなって感じなんですけど。上の子は大きいのであと何年この家に住んでるのかなっていう。でも帰ってきた時にくつろげる場所があればいいのかなって思います。

 

ご主人

あと空間が広くなるんで、家の中で体を動かしたりできると思うんですよね。

 

奥さま

ヨガマットとか買ってるんですけど、今はまだ広げられてないので、そういうのをやりたいです。

 

ご主人

あと庭をどういう風にしようか決めてないんで、芝を植えたりとか、その辺をどうしようかなって、庭を考えてみたいです。

 

Q. これから家を建てる人へアドバイスをお願いします。

 

ご主人

知ってる人に教えてもらったほうがいい(笑)

 

奥さま

知ってる人に聞くことですね。

 

ご主人

人によってだと思うんだけど、家つくるのが、考えるのが好きな人は色々調べるんだろうけど、あんまり知識がなかったりとか何となくの部分があるのであれば、身近に知ってる人がいたらその人に頼ったほうが良い物ができるのかなって。

 

奥さま

アドバイスね…偉そうなこと言える立場じゃない、申し訳ない(笑)

 

ご主人

偉そうなこと言えるほどなにかやったのかっていうね(笑)

 

奥さま

私たちは身近に、実際に建てた人がいたので。こだわりがある人は打ち合わせでたくさん聞いてみるといいと思います。

 

©life box.co.,ltd all rights reserved.

facebook instagram スタッフブログ