群馬県邑楽町 S様邸

「弓道を嗜むご夫婦と、本が大好きなお子さんの家」

共通のご趣味が弓道というご夫婦と、男の子と女の子が暮らす4人家族のお住まい。カフェ風のキッチンや、弓道部屋、2階の読書スペースなど

こだわりたっぷりのお住まいです。

建築地:群馬県邑楽町 1F:82.39㎡(24.9坪)2F:62.93㎡(19.0坪)TOTAL:145.32㎡(43.9坪)

こだわったところは?

家づくりの感想

家とは?

家づくりのアドバイス

Q.お住まいでこだわったところはどこですか?

 

ご主人

あまり工業製品的な物には惹かれなくて、質感が欲しいっていうか、プラスチッキーなのは嫌で。

 

奥さま

プラスチックな感じに囲まれるより、木や土の感じに囲まれたいって思ってて。木とか漆喰だと生きてる感じがするからってのもあるし、時間が経つにつれて色がつくとか、色褪せたのも味になるかなっていうのはあったよね。あとは趣味の部屋も欲しいねって話したりしてて。

 

ご主人

二人で弓道をやっていて、弓や着物で結構かさばるんで、だったら一部屋作ってしまおうって。

 

奥さま

和服をたたむので畳と、箪笥置いたり矢のメンテナンスを考えると板張りの床も必要だねってなって。無理だったら無しにしようって言ってたら、実現できて…よかったよね。食器棚やダイニングの棚を考えるのも楽しくて、連日徹夜だったんですけど、もうワクワクしてたんで次の日の仕事もきつくなかったですね(笑)何をどう使いたいか、どこに何を置くかを考えて、こうなりました。

 

ご主人

結構打合せしてたもんね。

 

奥さま

あとは、2階に洗濯機を置いてランドリースペースをつくりましたね。ベランダも広いし、2階廊下にも洗濯物が干せるし、洗濯物仕舞うのもだいたい2階に集中してるので、動線がスムーズかなって考えに至ったんですよね。洗った衣類を上に持って行くのは重いけど、少し汚れた衣類を運ぶほうが軽いので。洗面所は1階なので、来客時に洗面所を貸す時も、生活感無くていいかなって。

 

ご主人

やっぱり、プライベートとお客さんが入っていいところは分けたかったっていうのもあったので。

 

奥さま

友人や親が泊まりに来る事を考えて、和室を独立させたりね。あと、テレビで見たお宅で棚の中にティッシュ箱のスペースがあって、買ってきた5箱をそのままセットすれば、置き場兼利用でしょ、って。積んでいけば、重みで下からティッシュ出せるからって聞いた時に、頭をハンマーで撃たれた感じだったんですよ!なので、それをうちの洗面所の棚にも作ってもらったので、そこもこだわりポイントですね。

Q.家づくりを振り返っての感想を教えてください。

 

奥さま

基本的には楽しかったです、楽しかったけど大変です。頭で思ってたことが、明確に分ってるとすぐに出てくるんですけど、タイルとかは悩んで悩んで…漠然とイメージはあったんです、色とか。でもいざカタログを見せてもらったときに、はぁ~ってなったよね。

 

ご主人

そうだね。物も取り寄せて、イメージですよね。イメージがすぐつけばいいんですけど、つかなかったときとか迷った時に決めきれないっていう。

 

奥さま

完全にイメージが出来てるものはいいんですけど、必要だけど明確なものがない所は大変でした。キッチンもグリーンのタイルをいいなと思ったけど、一面にこれは…って思って設計スタッフさんに相談してサンプル取り寄せたけど、出来るまではどうなるんだろうって思って。完成したら、自画自賛じゃないけどカッコイイって(笑)だからいい意味でもタイル選びが一番思い出があるかな。

 

 

ご主人

何気に楽しかったのが…子ども達を預かってもらえるじゃないですか。いつも子どもの事を頭の片隅で考えながら動かなきゃいけないんですけど、ライフボックスさんの場合はこれ(家のこと)だけ考えていればよくて、なんかそれだけで楽しかった(笑)

 

奥さま

本当に打合せに集中できたのがうれしかったです。

 

ご主人

子どもは、お姉さんとずっと遊んでるもんね、よっぽど楽しいんだと思うんですよ。親も子どもも楽しんでこれたからね。

 

奥さま

それはすごいありがたかったですね。楽しかった、確かに大変です、色々選んだり「どうしますか?」って言われてどうしようって思ったりもあるんですけど、でも楽しいの方が勝りましたね。

 

ご主人

私が個人的に思い出深いのは、設計スタッフさんがキラキラしたときかな。こっちが迷ってても、設計スタッフさんの方をチラって見るとノリノリになってて。それが思い出深くて。赤い扉とか光る天井クロスだとか、ちょっと遊べたっていうのは良かったかなって思います。

 

奥さま

背中を押してもらった瞬間は確かに思い出深いね。迷いすぎて選べなくなった時も、一緒になって考えて作ってくれたことが思い出深いっていうか。同じ選ぶでも、決められた中から選ぶのとはちょっと違うかなって。もうすでに愛着がある…って感じなので。

Q. S様にとって、「家」とはどんなものですか?

 

奥さま

ベースだよね。自分を充電するところかなって感じですね。ライフボックスさんで家を作ってて思ったのは、寝る所食べる所なんだけど、なんか庭をどうしようかなって思ったりとか、朝早起きしたいと思えるようになったんです!みんなが寝てる時にコーヒー淹れて、座りながら、庭をどうしようかなって考えたりしたいなって思ったりとか。明日どうしたいとか、っていうワクワクとか。本屋さん行って、本を買って読みたいとか、そういう、気持ちが豊かになることをしたいって思えるようになったかな。映画とか好きで見てたんですけど、そんな感じですかね。

 

ご主人

そうだね。やっぱり仕事で疲れて帰ってきたときに、ちょっとこう充電できるような。今までは、帰って来て寝るだけっていうか、なんていうのかな。雨風凌いでっていう感じだったんですけど、これからは心が豊かになる場になっていくんじゃないかなって。僕は、中庭のタイルにプールだして水遊びをやりたくて。子ども達絶対喜ぶと思うんで。あとは弓部屋の鏡の前で弓を弾く練習をしてみたいのと、リビングに専用の金具をつけたので、ハンモックチェア座ってクルクルやってみたいです。

 

奥さま

私のハンモックチェア~(笑)庭は落ち着いて長い時間かけて作っていきたいなって思ってますね。実家の時も庭はあったんですけど、やろうとかやりたいとかは思わなかったんですよ。やりたいと思ってる自分にちょっとびっくりっていうのと、あと人を呼んだりしたいかなっていう気持ちが出て来てるのもびっくりですね。

 

ご主人

壁一面が本棚っていうのがいいなーって、夢というか、それが、あって。

 

 

奥さま

私もあったんだよ。2階のホールが少し勿体ない空間になっちゃうって話になって、じゃあ図書スペースにしちゃおうって。子ども達が結構本好きなのもあったので。

 

ご主人

子どもが本を引っ張り出して、自分でも読めるようにな感じにしましたね。

 

奥さま

その2階ホールの天井には、蓄光で夜になると星空が光るクロスにしてて、2階だったら本当にプライベートな、夜だから人も入ることないし、いいんじゃないって言ってくれて。

 

 

ご主人

ダイニングでみんなで朝ご飯を食べたいです。外を見ながらっていうか。案外、そんなのが楽しみです。

 

奥さま

住む所なんですけど…住むことをしたいです、この家で。キッチン使って、お風呂入って…特段にあれじゃなくって、住むことが楽しみだよね。なんかそう思わせてくれる家にしてくれたので、感謝してます。

Q. これから家を建てる人へアドバイスをお願いします。

 

奥さま

オープンハウスに行くのと、「ちょとな…」って思う事でも言ってみた方がいいなって思います。どこかのお宅で、ガラスブロックをドアの上に入れてるのを見たときに、ガラスブロックって壁一面とか塀のちょっとしたアクセントで使われてるイメージだったので、ドアの上に付けて明り取りで使うって発想が無くて、概念が崩れたというか。その時に…「あ、やりたいと思ったことをなんでも言ってみよう」って思えたんです。

 

ご主人

みなさんおっしゃってますよね、オープンハウスはすごい行ってよかったって。

 

奥さま

自分の中で「これは絶対にかっこいい」って思ってても、他の人は違うのかもって思って言わないよりは、言ってみて「やっぱりちょっと…」とか「それおもしろいですね」って言われた方がいいかな、後悔がないかなって思います。だから大工さんにも色々付け替えてもらったり、設計スタッフさんにも、やっぱりこうしてください、っていうのを言って申し訳なかったんだけど、今は、やっぱりこうしておけばよかったっていうのが無いので、ちゃんと言ったほうがいいなって思ったかな。

 

ご主人

私もそう思いますね。

 

奥さま

ライフボックスさんだと、自分たちが想ってる事を伝えていって形にしてもらうじゃないですか。言葉では伝わりにくこととかもあって、設計スタッフさんと旦那さんの中ではイメージしてたのは一緒だったけど、私は違ったとか。そういうのも多々あったから、イメージしてるものに近いものの写真とかは、面倒くさくても自分達で用意したほうが一番スムーズだったかなっていうのは思いました。何にでもそうだと思うんですけど、特に家づくりだとそれは感じました。ここ(夫婦間)でもそうなんですけど(笑)そこがずれちゃうと、形になった時に違うってなっても、もう遅いので。なので、これからオープンハウスに行って、言いたい事言って、自分たちができることはちゃんと用意した方がいいなって思います。

 

 

©lifebox.co,.ltd all rights reserved.