深谷市 S様邸

「暮らしやすさと可愛らしさを兼ね備えた、

薪ストーブのある家」

ご夫婦と男の子2人の4人家族が住まうお住まい。

リビングには、こだわりたかったという薪ストーブを設置。1階の床は丈夫であり、温かみもある無垢オーク材を採用。自宅でピアノ教室を開く予定の奥さま。グランドピアノが置けるレッスンルームもつくりました。

 

建築地:深谷市 1F:85.29㎡(25.8坪)2F:61.87㎡(18.7坪)TOTAL:147.16㎡(44.5坪)

こだわったところは?

家づくりの感想

家とは?

家づくりのアドバイス

Q.お住まいでこだわったところはどこですか?

 

ご主人

薪ストーブ!それに自然素材で、無垢材でね。あとはカフェみたいなそんな雰囲気のね。1階はオーク材にしたくて、硬い材質を調べてその中で相談してオーク材に。

 

奥さま

掃除がしやすいとか、生活を想像して汚れないお家っていうか(笑)ちょっと現実的なんですけど…私は常に考えてた気がします。

 

ご主人

かわいいってだけで、使いづらくなって、後々掃除とかやりにくくならないように、抑えつつね。

 

 奥さま

ピアノ教室はつくった方がいいんじゃない?って(主人が)言ったので。じゃ、心置きなくって感じで(笑)楽譜がいっぱいあって絶対に捨てないので、キレイに並べられたらなって。あとピアノにも楽譜にもなるべく日が当たらないようにして。あと玄関の近くに、ピアノの部屋をって考えて。

 

ご主人

ピアノ室とトイレと玄関とは、ひとまとまりは絶対って感じだったよね。なるべくね、自分で間取りを書いてて、考えるときには大変だったね。

 

 奥さま

そうだね。夕方仕事なんで、洗濯物を取り込めるように脱衣所にも物干しをつけて。人が来ても、洗面所の間の扉を閉めてしまえば洗濯物が見えないので。そういうのが見えるとおしゃれなお家が生活感満点のお家になっちゃうから。なるべくね、おしゃれだけど生活しやすくね。

 

 ご主人

あと冷蔵庫の他に冷凍庫置き場があって、ほぼコストコ専用冷凍庫です。食器棚にはジューサーとか家電を並べられるようにコンセントは横並びのほうが、コードがきれいかなとか。

Q.家づくりを振り返っての感想を教えてください。

 

奥さま

楽しかったことは、子どもをみてもらって、集中して話ができるっていうのがすごい大きくて。

 

ご主人

普段家だと、二人で相談する事もあんまりできないんですよね。特に子どもが生まれたばっかりの時は、この打合せの時間が一番体が休まるって言ってて。

 

奥さま

本当に。こんなに長いこと座っていられる時間、ここにいる時だけなんです。貴重な時間というか。一つの事をやりたい時間に、途切れなくてできるってことが。ここだとしっかりみてもらえて、自分の目の届くところにもいて。それでじっくりじっくり考えられるから、すごくよかったです。

 

ご主人

基本、楽しいですもんね、家をどうするかなんて。あそこどうしようかな~、ここどうしようかな~って。大変っちゃ大変だけど、大変よりは楽しいっていうか。

 

奥さま

楽しく悩んでた感じです。どうしようかな~♪って。どうすれば快適な空間になっていくかって。私は、たぶん、立体の画像を想像するのが苦手で。それが難しくて、高さとか。すごい悩みました。

 

 ご主人

でも家づくり、本当に楽しいよね。たぶん、二人の求めてるものがそこまでずれてないんだよね。いっぱい要望があるもんでね、パパからの。

 

 奥さま

そう、要望をいっぱい出してもらって「それはイヤ」「それは大丈夫」とか仕分けというか(笑)それが楽しかったね。何か一個づつ決めるのがすごい楽しい。

 

ご主人

早く、家に入りたいけど。完成しちゃうのが、ちょっとね、寂しい。

Q. S様にとって、「家」とはどんなものですか?

 

奥さま

難しいね…なんか、一大イベントのような。

 

ご主人

いや、でも、今までで一番楽しいんじゃない?

 

奥さま

そうだね。

 

ご主人

あ、ごめん…結婚式の…結婚式とかの方が楽しい?俺は家のほうが楽しい…(笑)

 

奥さま

ううん、こっちのほうが楽しい。結婚式するときは、結婚式の準備ってすごい大変だなって思ったんですけど、その1日だけ楽しければいいので。1日楽しいより、何十年先のことまで、考えてやるのはやっぱり楽しかったよね。引っ越したらさ、ワイワイやりたいんだよね。BBQしたり、朝食をウッドデッキで食べてみたり。

 

ご主人

おしゃれなアウトドアな生活が…色々手づくりしたい。外にキッチン作ったりピザ窯とか、ガーデンシンクとか。今までは、だって、作るスペースがないですもんね。したい人なのかな、俺。

 

 奥さま

そうみたい。実家にブランコも作ったんですよ。あと踏み台とか子どもが使う台は全部作ってるから。新しいお家だと足りないところも出てくるから、そういうのも全部また作ってもらおうかなって。

 

ご主人

あとはね、このまま勢いでそこまでやっちゃわないと!

 

奥さま

(ピアノ教室が家にあるので)子どもは安心するのかなって。玄関で行ってきますって出て行っちゃうよりはね、同じ場所にいてあげられるし。それに自分の気分転換、仕事してる時間は気分転換できるので。

 

 

Q. これから家を建てる人へアドバイスをお願いします。

 

奥さま

オープンハウスにいっぱい行った方が、いいような。幅木が何色だったとか、毎回ちょっとづつ言われるたびに見ると、一番最初のお家はどうだったっけなって思った時に、そんなところまで見てなかったなって思って。だから一軒ごとにみる場所が違ってくる。

 

ご主人

あと、既製品の方が優れてるパターンとか、見た目も悪くないものでね。

 

奥さま

建て始めたら、現場にいっぱい行った方がいいなって思いました。想像よりも高かったなとか、そんな所が出るかもしれない。だから行ってキョロキョロしてれば、修正できるときに、なんか出来るかなって思いました。

 

ご主人

あとは、なんだろうね。間取りとかも妥協せずに悩み抜いた方がね。考えて、考えて…。

 

奥さま

それだけで数カ月過ぎた気がします(笑)

 

ご主人

最初のあのままでまとまってたら、また全然違う家だったね。ネットでパーツ、パーツを調べたり、シューズクロークがあったほうがいいのか、ないほうがいいのか、とか見たりしてたよね。これでも住み始めたら「あ~、ここはこうすればよかった」って所が出てくるかもしれないけど、でも悩んだ分だけ可能性は低いよね。

 

 奥さま

本を広げると「何それー?」って言って、バッバッバッてめくられて全然見れなーいって終わっちゃって。子どもが寝てからが自分の時間というか、でも離れると起きちゃうから、寝たまま見れるもの、真っ暗にしたままでも見れるからネットで調べるって感じでしたね。

©life box.co.,ltd all rights reserved.

facebook instagram スタッフブログ