深谷市 T様邸

「パインの木が大好きなご夫婦の家」

オレンジ色の外観が印象的なT様邸。床だけでなく建具まで無垢パイン材を使いました。ご自身でイラストを描いたり、イメージ図を作ったり、タイルは大阪までサンプルを見に行かれたそう。

建築地:深谷市 1F:78.25㎡(23.67坪)2F:59.00㎡(17.84坪)計:137.25㎡(41.51坪)

こだわったところは?

家づくりの感想

家づくりのアドバイス

Q.お住まいでこだわったところはどこですか?

 

パイン材を取り入れて、自然な感じで可愛らしく

建具にまでパインを使ったこと。壁の珪藻土は、色をつけて温かい感じにした。

 

リビング広めに、キッチンとのつながりを考えたところ。和室の雰囲気も大切にしたかった。最初は和室をつくるか迷ったけど、こういう落ち着ける雰囲気もつくって良かった。

 

キッチンのタイル。動物柄なども入れて、現場でどこにつけるかこだわって可愛らしくなって良かった。

 

模造紙にイラストを描いたり、パソコンでイメージ図をつくって、色のバリエーションを作ったりした。

勝手口のひさしは、カフェをイメージしてデザインを持って行ってつくってもらった。

 

東京のキッチンショールームに行ったり、タイルを見に大阪まで行った。

瓦は実際に使っている家を見て、縦の枚数など数えて、色のバランスを考えて敷いてもらった。

 

Q.家づくりを振り返っての感想を教えてください。

 

疲れました、でも楽しかったよね。

設計士さんがイメージに近いアドバイスをくれるので良かった。

 

 

 

 

Q. これから家を建てる人へアドバイスをお願いします。

 

こだわった方がいい。妥協せず、出来る努力はした方が、ああしとけばよかったな等は今のところないです。住んでみないとわからないですけど、ほとんどイメージ通りにできたと思う。色んなものを見てやったほうが良いと思う。

 

オープンハウスは参考になった。実際に6帖このくらい、8帖このくらいなど、イメージがしやすかった。家のテイストによって同じ広さのものでも印象が違ったりして、参考になった。

 

©life box.co.,ltd all rights reserved.

facebook instagram スタッフブログ