本庄市 S様邸

「子どもが走り回れる木の家」

木の温もりがやわらかなS様のお住まい。アーチの飾り棚や、タイルの色などもこだわりました。玄関の段差を低くしたのは、宿泊した旅館から着想を得ているのだとか。

建築地:本庄市  1F:63.76㎡(19.2坪)2F:45.33㎡(13.7坪)計:109.09㎡(32.9坪)

こだわったところは?

家づくりの感想

家とは?

家づくりのアドバイス

Q.お住まいでこだわったところはどこですか?

 

奥さま

広さが欲しかったよね。子どもが走り回れるような。

 

ご主人

最初のオープンハウスで本庄の家に行ったときに、LDKと和室が筒抜けだったのを見て、イメージが沸きました。あとは無垢の床かなやっぱり。

 

奥さま

そうだね。

 

ご主人

玄関の段差を低くしたところですね。仕事柄旅館なんかに宿泊することが多いんですけど、そこで見ていいなーと思ったので。あとは和室の収納の下を全部空けてもらったんですけど、他の見学会で4畳半でも下が空いていることによって広く感じたので、そうしてもらいました。

 

奥さま

キッチンは、他のお家を見て、真っ白な感じのがいいなと思ったけど、テレビで壁のタイルの色の感じがいいなと思ったのがあって、それにしてもらいました。なんか主婦がよくいるのはリビングかキッチンだから、日が当った方がいいやってなったんだよね。それで南側に配置してもらいました。

Q.家づくりを振り返っての感想を教えてください。

 

奥さま

子どもをこうやって見ててくれるのは、他のところじゃないし、話に集中できるっていうか、ありがたいと思いました。あとお布団用意してもらったりとか。おもちゃはあっても中々布団は広げてもらえないんで、すごいなと思って気配りとかが。細かいこととか、決めるんで大変だったのかもしれないけど結構笑ってたよね。ばかなことを言いながら。

 

ご主人

世間話とかね。すぐ自分がこういう風にしたいんですっていう度に、デメリットは何ですかって聞いちゃうんですけど、それも丁寧に答えてもらって、設計スタッフさんは自分からデメリットを言ってくれるんです。

 

奥さま

後はイメージするのが大変でしたね。見本も小さいじゃないですか、屋根のやつにしても壁紙にしても。それが全体になったときにどうなんだろうっていうイメージができないですね。

 

ご主人

扉の上にガラスブロックを付けるのがイメージできないって言ったんですよ、現場で。そしたら設計スタッフさんが絵を書いてくれたんです。この扉から全部、うちの造りそのまんまで。それがすごいわかりやすかったです。感動しました。

Q. S様にとって、「家」とはどんなものですか?

 

ご主人

だんだん、直感で思ってた事が、あーできちゃうって思いました。できるまでがやっぱ楽しかったんだなって。いろいろ悩んだり、こういう風にしたいなとか、今思うとそれが楽しかったんだって。できちゃうともう変えられないけど、できる前は何でもありってことじゃないですか。できちゃうって思って、へこんじゃいました。終わっちゃうって思って。

 

奥さま

うん、そうだね。でもなんか突然言い始めたよね。人の意見に左右されるんですよ。誰かになんか言われたんだよね家について。で建てたいみたいな話になって。

 

ご主人

それで最初のオープンハウスに行ったときに、キッチンからの眺めが一直線に見えて。この時に子どもがリビングに居て、自分がキッチンから見たら、何かイメージができたんですよね。あ、もしこの家に住んだら、子どもがこういう風にあそこに居てキッチンからこういう目線なんだって。生活してるなって、イメージが浮かんで。

 

奥さま

引っ越してからは、料理はそんな得意な方じゃないけど、せっかく綺麗なキッチンにしてもらったから、ちゃんと料理しようかなって思いましたね。

Q. これから家を建てる人へアドバイスをお願いします。

 

奥さま

少しでもいいなって思ったのがあったら、それを早めに伝えたほうがいいかなって思った。なんかこういう風にしたいって言えば何でも皆さんやってくれるから。

 

ご主人

それはあるね。カタログとか見てこれ無理だろっていうのも、中々言えないんですよね。高いんじゃないかなとか思っちゃったり、今からじゃ無理なのかなとか思っちゃって。

 

奥さま

たぶん色々雑誌見たりとかしてお勉強されていると思うので、少しでもなんかあったら言ってみたら、ちゃんと応えてくれるので。

 

ご主人

自分がもう一軒建てるとしたら、もっと勉強しますね。分かんないんですよやっぱ知識がないから。トイレだけでも何百通りってあるじゃないですか、初めてみる本なんかでこんなトイレもあったっていう、そういうことの連続で、トイレ以外の全部が。たからたぶん日にちが決まってても、あれ付けておけばよかったとかすごい後悔はしたと思うし。やっぱ勉強ですかね。後悔しないように。

©life box.co.,ltd all rights reserved.

facebook instagram スタッフブログ