さいたま市 O様邸

「使い込んだ家具や雑貨が似合う、どこか懐かしい家」

ご夫婦とお子さんが暮らすO様邸は古い家具や雑貨が似合うようなお住まいをイメージされたそう。ランプなどの照明はご主人が手作りされたのだとか。味わいのあるお住まいです。

建築地:さいたま市 1F:61.27㎡(18.5坪)2F:48.02㎡(14.5坪)計:109.30㎡(33.0坪)

こだわったところは?

家づくりの感想

家とは?

家づくりのアドバイス

Q.お住まいでこだわったところはどこですか?

 

奥さま

結果的になるかもしれないんですけど、好きなものしかないというか、好きなものを集約したらこうなりましたみたいな感じかなって思います。なんか二人とも、ちょっと暗い方が好きで、白は大好きなんですけど、白との組み合わせがちょっとダークな方が好きで、新築なんですけど、ちょっと中古っぽいというか、中古の物だったりが似合う家にしたかったんです。

 

ご主人

家内もそうなんですけど、元々カフェとか雑貨屋とかが大好きで、まぁ今はそんなに行けなくなっちゃったんですけど、結婚前とか結構行ってまして、やっぱりどうしても、なんて言ったらいいんだろ、ああいう雰囲気。

 

奥さま

うーん、手づくり感もあるし。

 

ご主人

うん、それで建具とかは絶対濃くしちゃおうって言ってて、あと床の方も濃くしたんですけど。

 

奥さま

あとなんか結構家づくりの中で主人の口癖は、ちょっと誰もやってないことやりたいって言ってね。

 

ご主人

そうですね。あんまり人がやってないことをやりたいなって思っていて、ライトなんかもほとんど自分で作ったんですよね。パーツを買って。海外とかのをいろいろ探して、シェードとかは1枚ずつ買えたりするので。 あと、窓もほとんど上げ下げ窓でやらせてもらって、高さとかも結構全部合わせちゃって、統一してもらいました。

 

奥さま

あとは上の子がちょっとアレルギーというか、なので素材の面ですとがんばってオール漆喰にしたし、パイン材も使わせてもらって、そこはちょっとがんばりましたね。

Q.家づくりを振り返っての感想を教えてください。

 

奥さま

すごく楽しかったし、まぁその時は大変ていうか。でもね、お姉さんが子どもをね。何しろ見てくださって。

 

ご主人

もうそれがなかったらだめ、絶対できねーって思って。

 

奥さま

そうなんです。それがあったので、出来たんだと思います。あとは段々細かいことを決めていく段階で、1日で決める量が多かったから、後から振り返って、本当にあれでいいかなっていうので、家でもう一度話し合って、やっぱり設計士さんに変更したいって言うことが多かったと思いますね。でもそれも快く、いいですよって言ってくださったし。

 

ご主人

ああ、忘れちゃったんだよ、おれ途中で。

 

奥さま

記憶がね、全部はね。

 

ご主人

忘れちゃいますね。ここの扉の取っ手の部分とかを黒にしたくて、最初もう全部の扉の色ってこげ茶にしちゃおうと思ってたんですけど、途中何個かクリア塗装の扉に変更して、そういうのも全部黒にって言ったのもすぐ忘れてて、そういうのがね。

 

奥さま

そうですね、後から家になってきて、自分たちも細かいところに目がいくようになって、建具の取っ手だったりを発注していく上で、あ、そういえばそこって何て言ったんだっけとか。

 

ご主人

そうそう、僕とかも適当に言っちゃってっていうか、もういいやとか。

 

奥さま

その時はそんなに重要視してなかった小さいことが、段々重要になってきて、家になってみて、やっぱこっちの方が合うよねっていうのが出てきて。

 

ご主人

まぁ自分たちが色々変更しちゃったんで、失敗とかではないんですが、後からこう作りながら変更できるっていうのは、すごくメリットだと思うんですけど、それゆえに壊しちゃうっていうかね。

Q. O様にとって、「家」とはどんなものですか?

 

奥さま

よくお部屋を見るとその人がわかるって言うじゃないですか、心が表れるじゃないですけど、だからちょっと大げさに言ってみると、自分そのものっていうか、なんかだから家を見られるのはすごく恥ずかしいような気さえしちゃうんですけど、でもすごい褒めていただくとすごくうれしいし、その家をやっぱりそのものを大切にして、自分も大切にして、家族も大切にしていきたいなって思います。でやっぱり子どもにもそういうのが伝わればいいなって思いますね。

Q. これから家を建てる人へアドバイスをお願いします。

 

ご主人

打合せしてて思ったんですけど、こうしたいとか、自分の中でイメージが中途半端な状態でも、まぁ些細なことでも、設計士さんに言ってみて、まぁ上手く伝わんないとはおもうんですけど。

 

奥さま

でも結構わかってくれたよね。

 

ご主人

うん。まぁ言ってみてっていうのが大事かなって。それが採用するしない別だけど、それをすることによってさ・・・なんかある?

 

奥さま

え、そこからわたし?なんかこうモヤモヤなままいっちゃうと、結局モヤモヤが大きくなっちゃうんで、伝えることによって、解消した方がいいよね。

 

ご主人

うん、何か僕らも悪いなと思ったのは、そのモヤモヤを言わないで、後になって言ったりして、下手すれば図面変更しなきゃいけないとかになってくるんで。まぁでもなんでも思ったことは言った方がいいなって。それを形にしてくれるんで。

©life box.co.,ltd all rights reserved.

facebook instagram スタッフブログ