本庄市 T様邸

「暮らしと共に馴染んでいく家」

ご夫婦とお子さんが暮らすT様邸。ご実家の敷地内に建てられたお住まいは、和を感じるような切妻屋根が印象的です。将来のことも考えられた落ち着いたお住まいになっています。

建築地:本庄市 1F:80.53㎡(24.3坪)2F:68.31㎡(20.6坪)計:148.84㎡(45.0坪)

こだわったところは?

家づくりの感想

家とは?

家づくりのアドバイス

Q.お住まいでこだわったところはどこですか?

 

奥さま

特別なかったんだけど、年とってからもまぁ住んでいて違和感なく住める家がいいなと思って、そうするとやっぱり和の空間じゃないですけど。ちょっと落ち着いて暮らせる感じの家がいいなーっていうのがありました。

 

ご主人

最初お願いしたのは、和的な感じで、屋根の形は切妻がいいかなっていうのはあって、あとは軒を出して欲しいっていうのは伝えましたね。

 

奥さま

夏涼しくね、過ごせるのがいいかなっていうね。年をとった時のことばっかり考えてたんです、最初。ある程度生活が全部1階でできちゃうといいよねっていうんで、色々詰め込み過ぎちゃって、多分設計担当さんとかすごい苦労したと思うんです。何べんも図面引いてもらって。

 

ご主人

和室は普通掘りごたつにすると1段上げると思うんですけど、フラットにしてもらって。

 

奥さま

あと実家で眠っていた木材をちょっと無理を言って使ってもらって。

 

ご主人

打合せの終盤でね。

 

奥さま

終盤の終盤にきてそんな話になって、たくさん使える素材だったらいいんですけど、意外と使うところも限られちゃうようなね、大きさとか、細いのだったりとかだったんで、多分ご苦労をお掛けしたと思うんですけど、現場監督さんとかがよく考えてくれて、ありがたかったです。

Q.家づくりを振り返っての感想を教えてください。

 

ご主人

やっぱり形のないところから、まぁ当初は本当にコンセプトがなかったので、それがだんだん打合せしていくうちに形になって、実際建て始めるっていうその過程が楽しみであったし。あとは本当に子どもの成長と重なったので、歩き始めた頃にちょうどお伺いしたので、そこから今の傍若無人ぶりというか(笑)月日の流れと成長と、家ができてくっていう重なりがやっぱりいい思い出になりましたね。

 

奥さま

うん、そうだね。

 

ご主人

あとは敷地の条件やら、母屋との関係があるんで、付帯工事でかなり無茶をお願いしたので、かなり大変だったと思うんですけどその辺は感謝していますね。

 

奥さま

何もないところに本当に建てるのと全然多分違ったと思うので、本当にありがとうございます。

 

ご主人

打合せをしながらいろいろ提案してくれるのもありがたかったですね。やっぱり素人なんで思いもつかなかったこととか、まぁ間取りのこともそうですし、素材の面もね。

 

奥さま

素人のね、素朴な「ここをこうしたらどうなんだろう」って思いつきをちゃんとまじめに考えていただいて。その都度その都度、私が横から思いつきでポンって言ったことをいっぱい考えていただいて。実現に至らないものも含め、本当にすいませんでしたって感じですね(笑)

 

Q. T様にとって、「家」とはどんなものですか?

 

ご主人

まぁ漠然としか考えられなかったんですけど、やっぱり家族でくつろげるっていうか、ほっとできる、安らげる場所ですよね。外から帰ってきて、ゆっくりできる場所ですかね。どうですか?

 

奥さま

いやもうその通りで(笑)

 

ご主人

まずは床暖房の快適さをまず味わってみたいのと、なかなか今アパートで狭いんで、例えば年中行事でお雛様とか飾ってあげられなかったんで、今度はそういうスペースがあるんで、飾ってあげたりしたいですね。あとは子どもがつくってきたものを飾ってあげたり。

 

奥さま

うん、飾ったりね。多分子どもが一番走り回ったりで楽しめると思うんで。

 

ご主人

でも本当に子どもが一番走り回れるのが。今アパートの2階にいるんで、気にせずに走り回れるのが一番いいんじゃないですかね。

 

奥さま

あとは木だから、だんだんね、年数経てば味がでてくると思うんで、それが楽しみですね。

Q. これから家を建てる人へアドバイスをお願いします。

 

ご主人

やっぱりこうイメージを自分の中で固まってるとつくりやすいでしょうね。

 

奥さま

うん、そうだね。あとは何だろうね。

 

ご主人

うん、まぁやっぱり自分たちもそうですけど、いろんなところにオープンハウス行ってね。他の人も言ってますけど、参考にはなるので、実際にこう雑誌とかHP上だけよりも、実際に見る方が、意外に自分では考えつかないことを採用してる方もいらっしゃるので、他のメーカーも含めて参加するのはいいと思いますね。

©life box.co.,ltd all rights reserved.

facebook instagram スタッフブログ