秩父市 H様邸

「みんなが集まるおうちカフェの家」

ご夫婦が将来的に小さなお店ができるようにと考えられた店舗併設のお住まい。キッチンの小窓や、ステンドグラス、ニッチなど、可愛らしい工夫がたくさん考えられています。

建築地:秩父市 1F:76.18㎡(23.0坪)2F:45.64㎡(13.8坪)計:121.82㎡(36.8坪)

こだわったところは?

家づくりの感想

家とは?

家づくりのアドバイス

Q.お住まいでこだわったところはどこですか?

 

奥さま

んー特に考えてなかったんですけど、お店の部分を考えてたので。

 

ご主人

みんなが集まるような家にしたくて。

 

奥さま

うん、いつも誰か人が来てるような家にしたいなって思って。

 

ご主人

こだわった所、お店のステンドグラスとか。

 

奥さま

うん、壁の所は何もない予定だったんですけど、設計スタッフさんから他のスタッフの方に聞いていただいて、ちょっと何かあいてた方がいいっていう話になって、急遽これをね。

 

ご主人

窓だけじゃなくて変わった感じでっていうのを。

 

奥さま

素材とかは…身内の左官屋さんにやってもらえる事になってたので、最初こだわりなかったんですけど、全部塗り壁になったんです。実際見てみると、やってもらってよかったなって思って。

 

ご主人

あとキッチンは裏に棚がいっぱいあって、自分のものが置けるように。ほんと曖昧なこんな感じでってのを絵に起こしてもらってね。

 

奥さま

曖昧なね(笑)なので、本当になんとなくぼんやりしたのを、すごくいい形に提案してもらったので、出来てるって感じが。

Q.家づくりを振り返っての感想を教えてください。

 

奥さま

打合せはちょっと遠かったので、行ったらとにかく沢山決めなきゃって感じだったんですけど、その場で良いと思っても家に帰ってやっぱりっていう事が何回もあって。

 

ご主人

うん、電話してやっぱりキャンセルで、とか。

 

奥さま

なかなか本当にはっきり決められなくて申し訳ないなって時はあったんですけど。雑誌とか見ていいなって思っても、実際考えると分からなくなって。

 

ご主人

キッチンを決めるのが一番大変だった。最後に決まったのがキッチンなんで。寸法測って。

 

奥さま

一番こだわりたかった部分なだけになかなか決まらなくって。あとロフトの話が出てから取り組む姿勢が変わった事がね(笑)オープンハウスで見るたびにいいなって思ってて、でも自分の家につけるってイメージは無かった。

 

ご主人

時々イメージしてどこに付けるってなるとどこにも付かないんで。じゃあもう諦めるかってなって。

 

奥さま

それが急に大丈夫かもってなったら途端にロフト部分だけやる気が出てスイッチ入っちゃって(笑)

 

Q. H様にとって、「家」とはどんなものですか?

 

奥さま

自分たちの場所ができたっていうか、結婚してからずっとアパート暮らしで、3年ほど主人の実家にいたのでなかなかここって場所が決まらなかったので。

 

ご主人

そうですね、自分の場所ですね。家はね。自分が好きに出来る場所、自分のやりたい事が出来る場所っていうのが。アパートだと騒音とか、実家だと家族がいっぱいいるので。

 

奥さま

大家族だったんで。

 

ご主人

やりたい事もできない、朝も早く起こされるって感じだったんで。やりたい時にやりたい事を出来る場所っていうのがいいかなって思ったんで。引っ越したら、ここでみんなで騒ぎたいね。楽しくね。

 

奥さま

うん、みんなでね。たくさんの人に来てほしいな。

 

ご主人

昔から、実家が福岡なんですけど、人がたくさん来てたので。今はあんまり来ないので、みんなが来やすい家にしたいですね。

 

奥さま

私はお菓子を、今はなかなか家ではつくれなくて、仕事だけでお菓子を作っているので、家でつくって色々な人に食べてもらいたいですね。

 

Q. これから家を建てる人へアドバイスをお願いします。

 

ご主人

こういう風にしたいって思って、形にできなくても言葉で言ってみたらいいと思うな。

 

奥さま

そうだね。とりあえずダメだと思っても、口に出してみた方がいいかなとは思いますね。そのままそれが出来なくても、後悔するよりかは。その代わりにちょっと近い物とかを。言わないよりかは言った方が絶対にいいと思います。

 

©life box.co.,ltd all rights reserved.

facebook instagram スタッフブログ