久喜市 K様邸

「ご夫婦の好きな色と収納を大切にされた家」

ご夫婦とお子さん2人が住むK様邸。お住まいをつくる上で特に考えられたのは収納面。キッチンから玄関土間に直接行ける動線など、生活感を出さずに暮らせるお住まいになっています。

建築地:久喜市  1F:88.19㎡(26.6坪) 2F:62.10㎡(18.7坪) 計:159.29㎡(45.2坪)

こだわったところは?

家づくりの感想

家とは?

家づくりのアドバイス

Q.お住まいでこだわったところはどこですか?

 

奥さま

特に大切にしたのは、リビングにある壁面収納と、あとはとりあえず本当、生活しやすいようにっていうのを大切にしました。空いてるところは全部収納にしましたね。住んだ後家具とか買わなくていいようにとか、あるものが全部隠せるくらいの収納はすごいこだわりました。掃除があまり得意でないので。

 

奥さま

玄関入っての土間、土間からのパントリーキッチンっていう間取りはこだわりましたね。土間には冷凍庫を置いたりとか、周りが農家なんで採ってきた野菜をそのまま置いたりとかそんな感じですね。

 

奥さま

主人がとにかくヒノキにこだわったので、階段から床から。あとはなんかちょっとがちゃがちゃになってるんですけど、でも本当に好きな色を好きなようにリビングにいっぱい散りばめてみました。色って難しいですね。特に2階の紫は思い切ったと。思い切ったんですけどあれはあれでよかったです。なんか塗装屋さんが良くしてくれたんで、現場で直接打合せとかもしてくれて、良かったです。

 

奥さま

キッチンのモザイクタイルが大変だったんです。最初もう作ってないって言われて、でもどうしてもあのタイルがよくて、問い合わせて問い合わせて在庫を確保してもらったんです。

Q.家づくりを振り返っての感想を教えてください。

 

奥さま

打合せは設計士さんも面白かったんですけど、とにかく子ども見てもらったのはすごく助かって。皆さんも言ってるんですけど。本当に本当にって感じで。ケーキも楽しみだったんですけど(笑)大変だったんですけど、内装の目に見えるところの相談は本当に楽しくて。主人はやっぱり建て方だとかそういうところにこだわっていたんですけど、私は本当に内装ばっかし。打合せは楽しかったし、ちょっと迷ったりしてると設計士さんがこうしてみたらどうですかって資料みせてくれたりとか、提案してくれるのはやっぱりやっていてすごく良かったです。

 

奥さま

基本私がすごく凝っちゃうというか、すごい考えすぎちゃって、とりあえず全部を一生懸命やったんですけど、タイルが結構悩みましたね。あとやっぱり色ですかね。

 

Q. K様にとって、「家」とはどんなものですか?

 

ご主人

やっぱりマイホームは夢であったし、やっぱ家に帰りたいって思えるような家にしたいですね。家族みんなでずっとあの家にいたいですね。

 

奥さま

引っ越してからは、オーニングとかつけたいですね。テラスのところとか、ちょっと庭があるので、そこでBBQとかしたいなって。

 

 

 

 

Q. これから家を建てる人へアドバイスをお願いします。

 

奥さま

とりあえず夫婦仲良くしておいた方が家づくりは順調に進むんじゃないかと。あとは建ててるところを時間がある時はできる限り見に行った方がいいんじゃないかなって思いますね。職人さんとも話ができるし、目の前で出来ていくのを見られるのはいいと思います。

 

 

©lifebox.co,.ltd all rights reserved.