熊谷市 S様邸

「休日を愉しむカフェスペースのある家」

ご夫婦とお母さんが同居する二世帯住宅のS様邸。2階はご夫婦の生活スペースとなっていて、LDKの傍に、カフェスペースをつくられました。趣味も日常も愉しめる住まいです。

建築地:熊谷市    1F:87.15㎡(26.3坪) 2F:65.52㎡(19.8坪) 計:152.67㎡(46.2坪)

こだわったところは?

家づくりの感想

家とは?

家づくりのアドバイス

Q.お住まいでこだわったところはどこですか?

 

奥さま

外観は塗り壁でね、コテ跡が残ったりするのがかっこいいなって言ってて。そういうのをやりたいっていうのがあったから、漆喰の左官塗りがいいって。

 

ご主人

間取りの面では二世帯なんでね、1階と2階のバランスっていうのは考えましたね。

 

奥さま

自分達より、大分お母さんのところ考えてたよね。これじゃ暗いんじゃないかとか、あまり動かない

でおトイレとかお風呂場とかに行けるようにした方がいいんじゃないのとかね。

 

ご主人

カフェスペースは、リビングの横にちょっとテーブルと椅子を置くスペース的なって言ってたのが、いつの間にかこうなってて。

 

奥さま

雑誌とか見るじゃないですか、それ見た時これかっこいいってなって。それでこれどうですかって言って。いろんな雑誌切り抜いて、スクラップブックにいっぱい貼って、これがいいですって。

 

ご主人

だんだんと、独立した部屋になってね。

 

奥さま

ちょっとした区切りでもあって、そこでちょっとお茶したりお酒飲んだりね。

Q.家づくりを振り返っての感想を教えてください。

 

奥さま

大変なことはあんまりなかったよね。タイル選ぶのも面白いしね、造作もどうやろうとか、コップとかサイズ測って入るかなとか、そういうのも面白いしね。

 

ご主人

本棚だって、文庫本の高さが何センチとか、段差全部本の高さを測ってたよね。

 

奥さま

外水栓の蛇口とか水受けとか、まずそこから熱心に見始めちゃって、設計スタッフさんには、しょっぱなからそれですかって(笑)

 

ご主人

簡単なところから行きましょうっていわれて、カタログ開いたらもう固まっちゃって(笑)

 

奥さま

それだけで1時間くらいかかったもんね。っていうかこのカタログ面白いんですけどって、パーツ類楽しいんですけどって、まだそこでそんな力入れないでくださいって言われて(笑)

 

ご主人

1番決めるのが大変だったのは間取りですかね。

 

奥さま

なんか自分の中でこれっていうのが来るまでつくってもらってるからね。それでこの雰囲気の間取りになった時に「あ、これいいね」ってなってね。やっとでもそこからが長いんだけどね。

 

ご主人

そこに辿り着くまでに方眼用紙1冊使ってるからね、何通りも描いて。

Q. S様にとって、「家」とはどんなものですか?

 

ご主人

なりゆきでつくっちゃってここまできたからね(笑)

 

奥さま

将来は同居するっていうのがあったから、ずっと結婚した後くらいから何気に雑誌見たりとか、展示場ふらふら行ったりとか。家とかで休みの日とかは、なんか出かけたいって言ってね、遊びに行ったりとかしてて。家でお茶する気分じゃないよねとか言っててね。こんなぐちゃぐちゃな中でお茶したくないみたいな。それでアパート住んでて、休みの日にちょこちょこ出かけてるとお金がかかるよねって言って、家を自分が好きなようにつくって家に居たくなればいいじゃんって言ってね。

 

ご主人

そう、やりたいようにつくっちゃうっていうか。

 

 

奥さま

カフェとかレストランとか行って、ここのこの感じが好きとかね、じゃあそういう感じをつくればいいんじゃないのっていうのを、随分前から言ってたよね。

 

ご主人

うん、個室っぽい仕切られた喫茶店とか行ったら、こういう感じ落ち着くからこういうの部屋の一角にあったらいいよねって話しててね。カフェスペースにこもりたいですね。

Q. これから家を建てる人へアドバイスをお願いします。

 

ご主人

まめに現場見に来たほうがいいってことですね、色々発見があるんで。

 

奥さん

あと自分達で持ち込むんだったら、しっかりサイズは頭に入れておいたほうがいいよね。そうじゃないと入らないかもしれないしね。あとは色んな雑誌とか、テレビでもなんでも見ておいて、イメージ出てくると思うから、あんなのがいいって口で言うのは大変だから、物見せちゃった方が早いよね。だからそういうのを集めとくと便利だよね。

 

ご主人

あとは洗面のタイルとか、タイルは自分で個人的に名古屋モザイクからこんな分厚いカタログ取り寄せて見てたよね。

 

奥さま

大分読み込んだよね。

 

ご主人

付箋紙いっぱいつけて、これはどこに使う、これはどこに使うって。

 

奥さま

で、実際の色が印刷と違うから設計スタッフさんにサンプル取り寄せてもらって、やっぱり違うなっておもって。もう一回、別の取り寄せてくださいって言ったり、だいぶ取り寄せしたよね。実際見てみないと分かりませんからね。サンプルって見なきゃだめだよねって言って。

©lifebox.co,.ltd all rights reserved.