川島町 C様邸

「暮らしながら自分色に完成させる家」

ご夫婦とお子さん2人が暮らすC様邸。住んでから自分たちで手が加えられるようにあえてシンプルに仕上げました。玄関から直接洗面に繋がる間取りなどたくさん工夫がされています。

建築地:川島町   1F:73.70㎡(22.2坪) 2F:52.17㎡(15.7坪) 計:126.07㎡(38.1坪)

こだわったところは?

家づくりの感想

家とは?

家づくりのアドバイス

Q.お住まいでこだわったところはどこですか?

 

奥さま

シンプルですかね、将来的に自分で色々アレンジが可能なお家がいいなと思って、シンプルなおうちにしました。

 

ご主人

うまく使いやすい家を目指しました。こだわった所は間取りですね。使いやすさを考えて、玄関から洗面所にいけたりとか。僕がスポーツとかするんで、家に帰ってきてそのまま洗面所にいけるようにしました。玄関は大きいと気持ちいいなって思って。

 

奥さま

窓も大きくして、間取りも繋がってる感じで開放感があった方がいいなって思ってこういう間取りにしました。

 

ご主人

外観はベランダかな。

 

奥さま

花火も綺麗に見えるかなって。最初は色々つけたいなって思ったんですけど、よく考えて色々削いでいったら今の形になったって感じですかね。素材はナチュラルな感じが良くて、塗装も全部クリアにしてもらって。色の統一感を出したかったんで、あんまり色んな色を使わずに限られた色で統一感を出しました。色んなメーカーさんとか見てて、最初からそういう思いは無かったんですけど。比べてみたら自然素材が自分たちに合ってるなっていうのがあって取り入れました。

 

 

Q.家づくりを振り返っての感想を教えてください。

 

ご主人

間取りを決めるのが大変でした。何回も変更して考えて、考えるのに時間を割いた覚えはあります。あとは色々決めることが出来てしまうと逆に選択肢が多くて大変でした。打ち合わせから建つまでは、半年くらいあったと思うんですけど。

 

奥さま

タイルも最初は使わないつもりだったんですよね。でもやっぱり使っとこうかって、メリハリがでていいかなって思って。

 

ご主人

でもそんなに大変に感じたことは無かったかもしれません。

 

奥さま

イメージとしてはシンプルなおうちが良くて、最初は箱みたいなお家をつくりたかったんですよね。一つ一つ自分で選んでいく楽しさがあったのですごくやりがいがありました。

 

Q. C様にとって、「家」とはどんなものですか?

 

奥さま

家に居るのが楽しい家というか、家に居たくなるような家にしたいなって思いましたね。

 

ご主人

買うってよりは、やっぱりつくってもらうというか、自分たちでつくってっていうような感じですね。引っ越したら大きいベランダでテントを張ってキャンプをしたい。星が綺麗に見えそうなんで。おもしろそうだなって思ってます。

 

奥さま

私はキッチンが広くなったので手の込んだ料理を作ってみたいなと思います。

Q. これから家を建てる人へアドバイスをお願いします。

 

奥さま

雑誌とかも見ると思うんですけど、直感を信じてみるのもいいかなって(笑)

 

ご主人

言いたいことは全部言った方がいいと思います。ちゃんとできる、できないって言ってくれるんで。自分の思ってることは全部言った方が後悔は無いと思いますね。

 

奥さま

雑誌はプラスワンリビングとか、あとは住宅の雑誌じゃないんですけど、天然生活とかのキッチン特集とかを。あと無印さんを参考にしたり。

 

©lifebox.co,.ltd all rights reserved.