北本市 W様邸

「六角ダイニングのあるフレンチスタイルの家」

ご夫婦と男の子がお住まいになるW様邸。造作のアイランドキッチンは真っ白なタイルと趣のある水栓、取っ手をあしらいました。リビングの吹き抜けも開放感を感じさせてくれます。

建築地:北本市   1F:69.56㎡(21.0坪) 2F:51.34㎡(15.5坪) 計:120.90㎡(36.5坪)

こだわったところは?

家づくりの感想

家とは?

家づくりのアドバイス

Q.お住まいでこだわったところはどこですか?

 

奥さま

可愛い洋風の家ですね。大切にしたところは、玄関からすぐ階段を作らずにリビングの中に入れて家族が一体になれるようにというか、必ず顔を合わせるようにしました。

 

ご主人

今は1階は仕切りが無いようにしてもらって、スペースを広く取って、吹き抜けから上と下が見られるようにしてもらったんです。

 

奥さま

外観はもう、六角形ですね。少しだけ変わった家にしたいと思って六角形にしました。

 

ご主人

あとは白にこだわっていたので、中も外も。

 

奥さま

フレンチドアをつけて、外とも繋がらせて、って感じかな。

 

ご主人

全体的に洋風にこだわった感じですね。色んなパンフレットみながら、建具とか色々周ったりして。

 

奥さま

キッチンは一番こだわったかな。色も艶も思ったとおりになりました。腰壁を付けたくて、可愛くて。あれを六角形のダイニングとキッチンに付けて、それもこだわりですね。

 

ご主人

床も雰囲気を変えたかったのでタイルにして、こだわった所ですね。

 

Q.家づくりを振り返っての感想を教えてください。

 

奥さま

色んな物を本から見つけて、「あれがいい、これがいい」って言うのが楽しくて。選び放題だったのが楽しかったかな。

 

ご主人

逆に、ひとつのことを決めるのにすごい時間かかって揉めたりしましたけど、でもそれが楽しかったですね。色んなパーツパーツは、やりたい事が決まっていたので、大変じゃなかったですけど。

 

奥さま

大体やりたいことが主人と似てるので決まったんですけど、細かい木の色とか、色が迷いましたね。

 

ご主人

間取りが決まるまで時間がかかった気がします。色々パターン出してもらったり、細かい所は建具とかはパッと決まったんですけど。大変というか悩んだというか。でも楽しかったので苦じゃなかったですね。指定されたものから選ぶのじゃないっていうのがあってライフボックスにしたので、思い通りにできましたね。

Q. W様にとって、「家」とはどんなものですか?

 

奥さま

安らぎですね。

 

ご主人

なんか言うと思ったよ(笑)落ち着ける場所ですね。

 

奥さま

私、音とかが嫌で、音がすると寝られないんですよ。アパートだと上の人がうるさかったりして。あと子どもが泣いたり、騒いだりするとちょっと気にするので、子どもが生まれてから落ち着けるというか気にしなくていいというか、そういうところに住みたかったっていうのがあったんで家を探してたんです。そういう空間、一つの家族の落ち着ける場所ですね。

 

ご主人

住んでからは庭造りが待ってますね。大枠はやってもらったんですが。庭造り、芝植えとか、あと結構バラ園とか行ってるんでバラ植えたり、木はオリーブとか植えたりしたいです。その辺は自分たちでやっていこうかと思ってます。

Q. これから家を建てる人へアドバイスをお願いします。

 

奥さま

自分のやりたいことがあったら、言葉で伝えるのは難しいから雑誌の切り抜きとか持ってったり、インターネットで調べたのを携帯で見せたり。そしたら設計スタッフさんが結構わかってくれるので、それがいいかもしれないです。雑誌は事務所でも見てました。あとはネットで調べてブックマークしておいてそれを見せたり。

 

ご主人

特にドアとかは、サンタ通商をベースに探してました。あとは実際に見て触るのがいいと思います。

 

奥さま

そうだね、あとはオープンハウスに行くのもね。

©life box.co.,ltd all rights reserved.

facebook instagram スタッフブログ