本庄市 S様邸

「すっきり収納できるキッチンのある家」

ご夫婦と男の子、女の子の4人家族のお住まい。キッチンの造作カウンターや広めにとったパントリーなど収納面を大事に考えられました。壁紙やタイルなどのデザインにもこだわっています。

建築地:本庄市    1F:65.20㎡(19.7坪) 2F:52.99㎡(16.0坪) 計:118.21㎡(35.7坪)

こだわったところは?

家づくりの感想

家とは?

家づくりのアドバイス

Q.お住まいでこだわったところはどこですか?

 

ご主人

自然素材、無垢材と塗り壁です。あと少しでもリビングを広くしたいって。

 

奥さま

そうそうリビングを広くしたいっていうのと、あとダイニング出したいっていうのと、図書室みたいな本棚が欲しいっていうのと、あとはロフトじゃない?

 

ご主人

自分は2階に、書斎とかじゃなくてロフト見たいなのが欲しくて。子どもにも自分の隠れ家みたいなのを作りたかったんで、そこは希望通りにしてもらいましたね。タイルも結構悩んだよね。

 

奥さま

雑誌でタイルを使ってるのを見ていいなって思って。自分たちでもカタログを取り寄せてみて、選ぶのも楽しかったですね。

 

ご主人

迷ったよね。

 

奥さま

色んな種類があってね。実際にサンプルを取り寄せなかったものもあったので、来てみてこういう感じだったのかって。食器棚のタイルは、青系だと思ったら緑で(笑)ちょっとびっくりしたっていう。あと前から本棚とか、2Fホールに図書室みたいのが欲しいって思ってて。

 

ご主人

そうですね、そこで小さいうちは子どもたちも遊んで、勉強もね。できればそういうスペースになればいいなって思います。 ペンキの色とかドアの色も悩んだよね。寝室とか子ども部屋とか。子どもも選んだんですよ。

 

Q.家づくりを振り返っての感想を教えてください。

 

奥さま

一番楽しかったのは、間取りを考えてる時かなって思いました。なんか夢が膨らむみたいな感じで。こうしたらいいかなとか、こことここ繋げちゃおうかなとか書いてみて、楽しかったですね。

 

ご主人

出来上がっていく過程を見るのが楽しかったかな。もうここまで出来たんだ、とか。

 

奥さま

家づくりの途中でパパが入院しちゃったんでそれが大変だったというか、思い出に残ってることかな(笑)

 

ご主人

でも逆に、家の事を考える時間がつくれたよね。入院中にこうしたらいいかなって間取りとかも書いてて。絵を描いてこんな感じにしたいんですけどって見せた覚えがありますね。

 

奥さま

なつかしいね。1か月半くらい入院してたんで、ノート1冊くらいね。

 

ご主人

書きまくりましたね。間取りを描いたり、キッチンを正面から見た時の絵を描いてみたり。

 

奥さま

それが楽しかったんじゃない?色々決めるのも楽しかったかね。

 

ご主人

予算が決まってたんで、そこまでもってくるのが大変でしたね。でも別にできなかったこともありますけど、やれることは全部やれたんじゃないかなって思います。

 

奥さま

あとは出来て見ないとわからなくって、想像で決めていくのが大変だったというか、想像するのが難しかったかな。出来ているのを見て、こんな感じなんだとか、もうちょっとこうすれば良かったとかそういうのがあったんで。広さとか位置関係が難しかったです。

 

Q. S様にとって、「家」とはどんなものですか?

 

ご主人

どういうものなんですかね。

 

奥さま

今新しく出来た家がどういうことかってことですよね。…安心感とか?帰れる場所だよね。

 

ご主人

そうだね、自由の場でもあるのかね。

 

奥さま

自由の場!?(笑)

 

ご主人

全てを開放されるっていうか。イメージとしては、アパートだと周りのこともあるし、隣や上が気になるだとか、ありますけど。なんだろう、難しいね

 

奥さま

みんなが帰ってきて、安心できる場所。自由にできる場所。開放される場所。

 

ご主人

そうだね。仕事でもなんでもそうですけど、外で何かあっても、なんかすごいリラックスできる場所なんじゃないかなって。なんだろう、普通にただいまって帰ってきて、満喫したいですね。

 

奥さま

普通の生活が楽しみってこと?

 

ご主人

そうだね。

 

奥さま

休みの日も出かけないで、家で一日過ごしてみたいな。子どもを走らせたりとか。

 

 

 

Q. これから家を建てる人へアドバイスをお願いします。

 

ご主人

オープンハウスには何回も行かせてもらったので、それはすごい参考になりました。あとはタイルもそうですけどサンプル取ったり、物を見たほうがいいよね。

 

奥さま

やっぱり現物を見るって言うのが大切ですかね。現物を見た方が、納得して使えるのかなって思いました。あとは和室は絶対にドアがないとダメって思ってたんですけど、ドアない方が広く見えるとかアドバイスをもらって、変更しました。自分の意見ばっかりにならないで、たくさん聞いてアドバイスをもらう方がいい家になるな、と思いました。

 

ご主人

キッチンもショールームに行って、デザインとか見たり、細かいところまで、見れるものは見た方がいいんじゃないかな。あとはネットで調べたりもしたよね。

 

奥さま

部屋の広さとかも、何畳とかが平面で見てもわからなかったので、オープンハウス行って、実際見ると実感できました。

 

ご主人

そうですね。本当に見に行くことですね。

 

©lifebox.co,.ltd all rights reserved.