本庄市 K様邸

「キッチンに小窓のあるおうち」

ご夫婦と双子の女の子が住む4人家族のお住まいはオレンジ色の外観が印象的です。キッチンは小窓をつけたり、アーチをレンガ風のタイルであしらったり、細かな所までこだわりました。

建築地:本庄市    1F:75.35㎡(22.8坪) 2F:57.13㎡(17.2坪) 計:132.48㎡(40.0坪)

こだわったところは?

家づくりの感想

家とは?

家づくりのアドバイス

Q.お住まいでこだわったところはどこですか?

 

奥さま

間取りを最初に決める時にお願いしたのが、家事動線についてですね。例えば朝だったらご飯を用意しながら洗濯機をまわして、夕方だったら夕飯を作りながら洗濯物を取り込んでたたんで、っていうのが毎日なので。キッチンと洗面所と干す場所のテラスをつなげて欲しいって言って、最初にお願いしました。内装の統一感はすごい考えて、使う色は茶色と白とグリーンに限定して。雑貨とか家具だったり、カーテンもチェック柄が良かったので、そういうのを目立たせたいって感じです。

 

ご主人

自分は寝室の書斎スペースで、本棚が3段になってるんですけど。置く本とか仕事で使うファイルの大きさによって少し幅をずらしてあるんですよね。本の幅が、広いのもあれば狭いのもあるので、それにあわせて本棚を作ったので、そこは自分の中でこだわりましたね。

 

奥さま

あとは、パントリーのアーチについてる飾りですね。事務所での打合せの段階では付いてなくて、途中で追加してもらったんじゃないかな。

 

ご主人

リビング入って、まず最初に目が行く場所じゃないですか。つけてよかったよね。あとはダイニングの腰壁と、リビングに向いているキッチンカウンターの腰壁の色が違うのも、空間がはっきり分けられてるのを感じられるかな、と。

 

奥さま

腰壁は、本当に早い段階でお願いしてました。これはもう昔から憧れてた感じです。おばあちゃんが住んでるようなお家を作りたかったんですよ。新築だけど、もう味があるような家をつくりたくって。外観の色も結構こだわりだね。

 

ご主人

ホームページとか見ててもあんまり無いですよね。いい意味で人と違う家を造りたいっていうのもあったんで。

 

Q.家づくりを振り返っての感想を教えてください。

 

ご主人

大変だったことというか、タイル一つ決めるにしても外観にしても、事務所でサンプルを見させてもらうんですけど、それを家という大きいもので考える時に、イメージするのが大変だったかな。実際に家が出来て、キレイにできてたので良かったんですけど、選んでる時は、なかなかイメージができなくて。

 

奥さま

特に外観の塗り壁だよね。本当に手を広げた位のサイズのサンプルを見せていただいて…でも想像ができませんって(笑)結果的には、理想どおりにはなったんですけど。塗り終わるまでは心配だったっていうか。

 

ご主人

想像するのが大変でしたね。あとは一つの家が建つにあたって、本当にたくさんの人が関わって家が建つんだなっていうのは、感謝というかとても、ありがとうございましたっていう気持ちですね。

 

奥さま

大工さんの仕事とか本当に感動しちゃって。見てて本当に感動しちゃいました。実家が近かったので、ちょこちょこ行ってました。着工が夏だったので、麦わら帽子かぶって汗ダラダラで大工さんがやってくれてて、本当にありがたいなって思いました。

 

ご主人

自分は仕事があって週末に見に行ったんですけど、毎週少しずつ変わっていくのがとても楽しみで。

 

奥さま

とりあえず土日になると「今日何する?」「家見に行こう!」って。

 

ご主人

本当楽しみでしたね。いろんな人への感謝というか。

 

奥さま

たくさんの人が関わってるんだなって思いました。気さくに話てくれる方もいてね。楽しかったね。いい思い出になりました。

 

Q. K様にとって、「家」とはどんなものですか?

 

ご主人

私は日中外にいるので、家に帰って落ち着けるというか、少し力が抜ける場所かな、と思うんですけどね。休めたり落ち着いたりできる場所かな、と思います。

 

奥さま

私も落ち着ける場所もそうだと思いますし、今は子育てで家にいる時間が長くって、やっと自分の理想通りのお家が建ったんで、これからはずっと集めてきた雑貨とかを飾って、本当に自分の理想通りのお家になったら、すごく癒されると思います。だからそれがすごい楽しみです。外に出たくなくなっちゃうかも(笑)ずっと家にいたいって。でも本当主人にとっては落ち着ける場所になったらいいなって感じですね。仕事をがんばってるので。子どもがいてなかなか落ち着けないけどね。

 

ご主人

でも子どもといる、そのバタバタするのも、落ち着いてるというか、幸せな時間だから・・・。個人的にはすごくいい家をつくっていただいたので、友人を呼んで一緒に食事をしたりできたらいいなとは思ってますね。

 

奥さま

友達、呼びたいね。あとは、飾り切れてない雑貨も飾りたいです。今はアパートなのでしまっちゃってる雑貨もあるので、やっと飾れるかなって感じですね。

 

Q. これから家を建てる人へアドバイスをお願いします。

 

ご主人

普通の人は家のことはあまりよくわからないと思うんで、どんな小さなことも設計士の方に質問して、自分で納得するまで聞いたほうがいいと思いますね。あとは家の雑誌を見たり、オープンハウスに行って自分の目で見て決めたほうがいいと思います。

 

奥さま

オープンハウスはすごい参考になります。

 

ご主人

最終的には自分の家なので、周りに何を言われても自分がいいなと思ったものは、貫いたほうがいいかなと思います。結局それが自分らしさとか自分の家になると思うので、周りの意見は聞くけど、最後は自分で決めるって言うのがとても大事なのかな。普通の人は一回しか変えない買い物だと思うんで、失敗も含めて自分で決めるのが大事かな。

 

奥さま

私もそんな感じ。オープンハウスもそうなんですけど、結構色んな会社を見に行ったんですよ、それで結果的にはライフボックスに決めたんですけど、他の会社も見てよかったなっていうのはあるよね。参考になる部分もあるし、他の会社と比べて。色々見て良かったなって

 

ご主人

比べるのは大事ですね、良い悪いは別として。比べないと良さも悪さも分からないから。

 

奥さま

あとはとにかく本格的に家を考え始めてからは、何処に行っても『これいいな、インテリアの参考になるな』っていうのは常に考えてました。何処に行っても何か参考になるなって思って、照明とかもすごく見てましたね。それから実際に家を建てたお友達に建ててみて住んでみて、『ここはすごい良かった』っていう所と『ここはこうすれば良かった』っていう所をインタビューみたいに聞きました(笑)周りの意見を聞いて、良い物は取り入れて、自分たちの家なので貫き通すことは貫いて、 参考に出来る所は参考にしました。

 

©lifebox.co,.ltd all rights reserved.