深谷市 A様邸

「暮らしの中心はアイランドキッチン」

ご夫婦と男の子、女の子の4人家族のお住まい。日中家事をされる奥さまがやりやすいようにと考えられた家事動線や、子どもたちがお手伝いしやすいアイランドキッチンを採用されました。

建築地:深谷市  1F:77.22㎡(23.3坪)2F:63.34㎡(19.1坪)TOTAL:140.56㎡(42.4坪)

こだわったところは?

家づくりの感想

家とは?

家づくりのアドバイス

Q.お住まいでこだわったところはどこですか?

 

奥さま

外観はパパが。室内は私で、外はパパで担当分けしたんですよ。

 

ご主人

そうだね。今みたいな形と壁だったら、なるべくシンプルにならないように、玄関の壁に3本ラインを付けたりしてみました。

 

奥さま

私のこだわりは家事動線ですよね。洗濯と料理とが全部短い動線にしたかったっていうのと、室内干しが出来る所も確保してるんですよね。干すときに楽だから、脱衣所から外に出られるようにしてもらって。あとはキッチンをアイランド型にした所かな。子どもが寄ってきて手伝ったり、あとはお友達が来たときにお菓子とかパンとか手作りするのが憧れだったので。みんなが集まれるようにオープンにしました。全部考えて、こだわってやった間取りだから、不便ではないですよね。自分が動きやすいように作ったので、満足してます。

 

ダイニングのワークスペースは、ミシンが趣味なので、基本はリビングでミシンがしたいっていうのが希望で作ってもらったんだよね。今は子どもが小さいのでやめちゃってるんですけど、ずっと2年くらいイベントで売ったりしてたので。1階の洗面台も造作なんですけど、全部扉付きにして隠す収納にしたのがポイントかな。なんだかんだで色々増えちゃうから、全部隠そうって。タイルはライフボックスさんのオープンハウスで見せてもらって、一目惚れでしたね。

 

Q.家づくりを振り返っての感想を教えてください。

 

奥さま

大変だったことの方が多い…。夫婦で趣味が合わないので、そこの真ん中とるのが大変だったよね。設計士さんがいて上手くやってくれてたからね。でも自然素材がいいなって思ってて。それをやってくれる会社って、意外と少ないなって思ってたから。ハウスメーカー選びとか、そういうのを探す方が私は大変でした。

 

ご主人

調べてくれたんで、ここ行こうって言われたところを見に行ってましたね。

 

奥さま

でもパパは私がすごい悩んでたの知ってて、『気に入った所がいいんじゃない』って言ってくれたんで。仕様とか、もう本当に細かいところまで決めるじゃないですか。覚悟はしてたんですけど、途中から疲れ気味でしたね。決める時にすごい迷ってたり、変更の変更を重ねちゃってたから。設計士さんに迷惑かけちゃって。でも本当に嫌がらないでやってもらって、感謝感謝です。

 

Q. A様にとって、「家」とはどんなものですか?

 

ご主人

帰る場所、帰るところですかね。

 

奥さま

やっぱり、ホッとできる場所、家でありたいなって。それを目指しますね。子どもが落ち着いてからなんですけど、畑やりたいですね。あとはキッチンで料理したりとか、パン作りが上手なお友達がいるので教えてもらいながら作ったりして。庭で子どもとバスケットしたいって言ってたよね、バスケットゴール作るとか。

 

ご主人

やれたらいいなって。あとは自分の運動のためにもね。

 

Q. これから家を建てる人へアドバイスをお願いします。

 

奥さま

色々なお家見たりしてね、どういうお家が建てたいかっていうのをより具体的に考えておくといいと思います。私もオープンハウスに行くとメモ書いて、これは絶対やろうって決めてたから、そういうのも大事だよね。

 

ご主人

間取りの図面だけだと、立体感がないから広さが分らないんですよね。自分でこのくらいの広さってイメージしてたものよりも、大きく作れてたり、案外狭かったなっていう場合もあったり。

 

奥さま

それって難しいよね。そういうのをオープンハウスに行って、聞いて、体感するしかないよね。

 

ご主人

そこを作る側の僕たちはもっと気を使えばよかったなって。お願いするのは自分達なんで、こっちがちゃんと分ってないと、って思いました。

 

©life box.co.,ltd all rights reserved.

facebook instagram スタッフブログ