上尾市 O様邸

「開放感のある2Fリビングで、シックに暮らす家」

ご夫婦と男の子が暮らすBOX型がかっこいいお住まい。LDKを2Fに配したので、通りを気にせずに過ごすことができます。リビングからテラスに直接でられるのも2Fリビングの利点です。

建築地:上尾市    1F:54.03㎡(16.3坪)2F:50.72㎡(15.34坪)計:104.75㎡(31.68坪)

こだわったところは?

家づくりの感想

家とは?

家づくりのアドバイス

Q.お住まいでこだわったところはどこですか?

 

奥さま

朝ごはんを日差しの中で食べたくて、明るいリビングとかダイニングとか、そういう生活をしたいとか。

 

ご主人

ある程度外から閉じられたプライベートな空間ですかね。2階にリビングをつくったので外から見えないじゃないですか。そういう空間が欲しいなっていうのが確かにありましたね。

 

奥さま

2階リビングにしようって決めてからは、洗面とかお風呂とかもなるべく明るい方がいいねっていって、2階にしてもらって、結果的にも良かったなって思います。あとはなるべく仕切りが無いって言うかそれはこだわりですね、廊下が無かったり、仕切りが無かったり、部屋と部屋をさえぎる扉を開けるとなるべく一つの空間になるようなところはこだわりました。

 

ご主人

なるべく柱とか極力ないようにね。あとはシューズクロークとかね。

 

奥さま

それも絶対作ろうって思ってて、どうしてもコートとか靴とか仕事で使う鞄とか、玄関回りがどうしてもごちゃごちゃしちゃうので、収納を多めにしたので作ってよかったです。

Q.家づくりを振り返っての感想を教えてください。

 

奥さま

大変なことばっかりでした。家づくりって楽しいはずなのに、なんでこんな大変なんだろうってくらい根つめて。土地を見つけるのも、どの場所に住むかとか、将来のことも考えて、この家をつくるにおいて色んな事を話し合ったり、考えたりが本当に大変でした。打ち合わせも、毎晩のようにネットで調べて、棚は何段にするかとか…全部考えるので、大変でしたね。素材もパーツも全部自由だから、それはいいなって思ってたんですけど、自由って苦しい(笑)この中からしか選べませんってある程度選択肢を狭めてくれるって救われることもあります(笑)でも負担なんですけど、自分でやろうって決めてるから、できあがった後は納得感はありますよね。コンセントの位置とかどういう素材とか全部決めたから、全部覚えてるんですよね。

 

ご主人

今思うといい経験させてもらったなってなりますけど、その当時は余裕がなくて楽しいっていうのはあまりなかったな。宿命みたいな、やらねばならないって

 

奥さま

仕事みたいな感じだったよね。納期があってそれまでに調べていいと思うものを出さなきゃいけない。でも感激したのは、建設中、中に入った時あったでしょ、その時は感激したよね。うわーこんな風になるんだって、苦労が報われた(笑)

Q. O様にとって、「家」とはどんなものですか?

 

ご主人

うーん、やっぱり、子どもがいますからね、田舎と言うかホームグラウンドというかここで育ったんだよっていう箱、場所を作ってあげるって言うことなのかなってひとつ、そう思いましたね。自分たちが住んだ家があって、子どもの為にっていう。大きくなった時に自分がどこで育ったんだろうって思った時に、僕も戸建てに住んでたんでここで育ったんだなって記憶があるんで、そういうのを持たせてあげられたらいいんじゃないかなって思いました。

 

奥さま

帰ってくる場所。帰ってくる場所だし、どんな家でも家族と生きていく場所と言うか、建てたこの家っていうと、頑張るベースですかね。この家があるから頑張れると言うか。物質的な空間じゃなくてそこに家族がいて、家があるから頑張れるし、頑張ってこられる、そういうものですかね。

Q. これから家を建てる人へアドバイスをお願いします。

 

奥さま

パントリーは、棚を何段にするかとか、どこまで引き出しにするとか、食品を置くのか食器を置くのか、何を置くのかとかはすごく考えました。すっごい細かくやりました。

 

ご主人

設計士さんに見せたよね、ノートに書いた細かーいの。

 

奥さま

ウォークインクローゼットの下のところに無印のクローゼットケースが何個入るか計算してノートに書いたりとか、シューズクロークも何を入れるか決めてから段数とか段と段の幅とかを考えて。洗面台の所にも収納があるんですけど、主人のひげそりとか歯ブラシとか奥行きとか高さを測って、棚の幅とか高さを決めました。おかげさまでぴったり入りました(笑)いつもメジャー持ってて測りまくりました。システムキッチンの収納も何段のやつに鍋をどこにいれるとか、ラップをどこにいれるとかお皿をどっちにどのくらい入れるのかとかも考えてました。

©life box.co.,ltd all rights reserved.

facebook instagram スタッフブログ